髪に良くないこと

髪にとって良くないとされているのは乾燥することである。なぜなら髪は乾燥を
することによって痛み傷ついやすいからである。しかし、この原因ははっきりと
わかっているのだ。それは髪をコーティングしているキューティクルが開いて
しまうことによって中の成分が溶け出してしまうからである。だから髪にとって
乾燥というのは決していいこととは言えないだろう。この乾燥から髪を守るためには
いくつかの方法があるのだが、まずは乾燥の原因と思われるものを取り除くことが
先決であろう。中でもドライヤーの熱というのは髪にとっては脅威とも言える。
冬場などは寒いのでいつもより長めにドライヤーをしている人も多いかもしれないが
この長めのドライヤーこそが髪を痛めつけているのである。しかし、乾かしていない
髪というのは湿度の高い状態なのでそのままにしておくと雑菌などが繁殖をしやすい
環境になってしまうのである。なので人はドライヤーで髪を乾かす前にタオルなど
を使って水分をしっかりと落としているのではないだろうか?
賢い人間というのはそれが最善の方法だと気づいているのである。
ピュアメイジング 楽天

このブログ記事について

このページは、authorが2016年6月25日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忘年会シーズンがやってきた」です。

次のブログ記事は「美味しい鶏屋さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10